2017/12/20

お焚き上げ法要

長重英児

「お寺でおみおくり」の長重です。

 

先日、霊山寺様(長野市)にて行われたお焚き上げ法要に参加してきました。

今回で第11回目の感謝会(お焚き上げ法要)では、100名以上の方々が参拝されました。

当日は16時から本堂で法要を営まれ、その後お焚き上げが行われました。

報恩供養・祈願供養・焼却供養とトイレの神様「烏枢沙摩明王祭(うすさまみょうおうさい)」が同時開催され、報恩・祈願供養と役目を終えた仏壇・人形・御札などがお焚き上げされている様子を多くの方が見守られていました。

 

霊山寺様では、毎年この時期に行われています。

 

 

「お寺でおみおくり」という選択。

続きを読む
2017/12/15

葬儀備品のご紹介

齋藤麻里子

「お寺でおみおくり」の齋藤です

わたくしどもでは、ご葬儀に使用する備品も数多く用意しております

 

今回はその中から『荘厳壇・祭壇』をご紹介いたします

「お寺でおみおくり」では、お寺様やご自宅でご葬儀の時も

すべて私どもが『荘厳壇・祭壇』の用意・設営をいたします

 

お施主様・ご遺族様には

安心して故人との最期の時間をお過ごしいただきますよう

お手伝いさせていただきます

 

続きを読む
2017/12/13

自宅でご葬儀

長重英児

「お寺でおみおくり」の長重です。

先日、住職様よりご葬儀のご縁を頂きました。故人様の生前の希望により自宅でのご葬儀のお手伝いを執り行いました。

 

この度の一連の流れとしては、お通夜(自宅)⇒翌日納棺(自宅)⇒出棺(自宅)⇒火葬⇒葬儀(自宅)⇒お斎(会場)です。

私どもでは、自宅用の椅子を用意しており、下の写真のように葬祭ホール同様の椅子席でご葬儀が行えます。

また、ご葬儀後はマイクロバスにてお斎会場(ご遺族の希望をお伺いします)に移動することも可能ですので、煩わしい自宅でのお勝手事もなくお斎が行えます。

 

この度は、住職様よりご縁を頂きましたご遺族の皆様、心よりお悔やみ申し上げます。

 

 

「お寺でおみおくり」という選択。

 

続きを読む
2017/12/11

葬儀備品のご紹介

櫻井愛子

「お寺でおみおくり」の櫻井です

 

ご葬儀やご法事の際

お足の不自由な方や正座ができない方、苦手な方の為に

『和室用椅子』をご用意をしております

 

先日、ご家族にて葬儀式の施行をとりおこなった際にも

和室用椅子を用意させていただきました

 

施主さんからは

「正座だと思ってたからありがたい」

「椅子はやっぱり楽だね」

という声をいただきました

 

また寒さ対策として、ひざかけのご用意もございますのでぜひご利用ください

 

「お寺でおみおくり」では

みなさまが故人の方を心からおみおくりできるようにご葬儀・お通夜の際に

必要なものをご用意しております

 

どんなことでもお気軽にご相談ください

 

続きを読む
2017/12/8

葬儀備品のご紹介

齋藤麻里子

「お寺でおみおくり」の齋藤です

わたくしどもでは、ご葬儀に使う備品も数多く用意しております

 

今回はその中から『旅装束』をご紹介いたします

旅装束は旅支度とも言います

旅支度は故人を送り出すときの儀式をさし

白装束や足袋などの衣装を着せる慣わしがあります

旅装束を必要としない宗派もございます

 

「お寺でおみおくり」では

お通夜・葬儀に必要な備品は全て揃えております

次回以降にご紹介させていただきます

続きを読む
2017/12/6

当協会の活動

長重英児

「お寺でおみおくり」の長重です。

 

当協会では、ご葬儀・ご法事のお手伝いをはじめ、皆さんに葬儀での選択肢を広げていただく活動を行っております。

現状の葬祭ホールに加え、寺院や自宅・公会堂も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

活動をしていて寺院葬・自宅葬の話をすると、「絶対に嫌」という方も多いですが、皆さんの背景や環境をお聞きし一問一答ていると、会話の終盤には、「私の環境なら寺院で葬儀が出来るね。」と考え直される方もいます。

核家族化の影響で少人数規模のご葬儀が増える中、寺院葬や自宅葬が見直されてきています。

皆さんの背景や環境を考慮し、最善のアドバイスをさせて頂きますので、是非一度ご相談ください。

 

「お寺でおみおくり」という選択。

続きを読む
2017/12/4

葬儀備品のご紹介

櫻井愛子

「お寺でおみおくり」の櫻井です

 

大切な方を亡くされた悲しみの中ではありますが

葬儀を行うために

決めていただくもののひとつに遺影写真があります

 

お写真を見ることで様々なことを思い出されることと思います

 

たくさんの写真のなかから先立った故人を想い

みなさまと思い出をお話ししながら

たった一枚をえらんでいただきます

 

想いをこめた大切な一枚

 

だからこそより綺麗に

また少し離れた場所からも見やすいよう

わたくしどもでは『電飾額』をご用意しております

 

電飾額は中からお写真に光をあてておりますので

通常の遺影より明るくきれいなお写真となります

 

お通夜・葬儀に必要なものを全てご用意しております

 

どんなことでもお気軽にご相談ください

 

 

 

 

 

続きを読む
2017/12/1

葬儀備品のご紹介

齋藤麻里子

「お寺でおみおくり」の齋藤です

 

わたくしどもでは、ご葬儀に使う備品も数多く用意しております

今回はその中から『葬儀立看板』をご紹介いたします

こちらの写真は葬儀立看板として使用しておりますが

お通夜時の行灯(告知灯)としてもご利用いただけます

 

お通夜・葬儀に必要な備品は全て揃えております

次回以降にご紹介させていただきます

 

続きを読む
2017/11/29

子供と一緒にお寺に行こう

長重英児

「お寺でおみおくり」の長重です。

11月25日・26日の2日間。圓長寺様(長野県須坂市)にて*1「報恩講」が行われ、25日夕方からの*2「キッズサンガ」に我が子を連れて参加してきました。

左上の写真は、音楽法要の前に坊守さんのお話を聞いている子供たちの様子です。

右上の写真は、本堂で子供たちが心ひとつに10メートルを超えるロングのり巻きに挑戦している様子です。

本堂での音楽法要・ロングのり巻き作り・楽しいゲームなど子供たちにとって良い想い出になったのではないでしょうか。

集いの場には、たくさんのご縁がありますので、皆さまも機会があれば出掛けてみてはいかがでしょうか。

 

※1「報恩講」とは、浄土真宗の宗祖とされる親鸞聖人の祥月命日の前後に、宗祖親鸞に対する報恩謝徳のために営まれる法要のこと。

※2「キッズサンガ」とは、キッズは英語で「子どもたち」、サンガはサンスクリット語で「仏教徒の集団」の意味があります。これを合わせた造語で「お寺に集う子どもたち」という意味。

最後までご覧頂き有り難うございます。

 

「お寺でおみおくり」という選択。

続きを読む
2017/11/27

お寺さんでのご葬儀

櫻井愛子

「お寺でおみおくり」の櫻井です

 

 

みなさまは

葬儀というとどのようなものを思いうかべますでしょうか

 

最近の葬儀の形は

通常、みなさんが参列され執り行われる一般葬といわれる葬儀のほかに

家族だけで行われる葬儀や一日で行う葬儀などがあり

また、話題性があるものでは

海洋葬など、さまざまな葬儀の形があります

 

そういった話題性のある葬儀は別にして

やはり家族をきちんとおみおくりしたいという希望をされる方が大多数です

 

『自分たち家族にあった葬儀の形で

身の丈にあった内容の葬儀を行い、きちんと先立つ家族をおみおくりしたい』

 

そんな思いをいだいている方はぜひお寺さんでの葬儀をおすすめいたします

 

ご本尊があり、祭壇があるお寺さんの本堂は荘厳で格調高い空間のため

過剰な設営の必要もなくご自身が思ったとおりの予算で安心して任せられます

 

また私ども「お寺でおみおくり」が不便やご不安がないよう全力でサポートいたします

どんな事でもお気軽にご相談ください

 

 

 

 

 

続きを読む