2018/1/10

寺院葬・少人数葬(家族葬)の特徴

Pocket

長重英児

「お寺でおみおくり」の長重です。

 

今回は寺院葬・家族葬の特徴を書きますね。

 

寺院葬の特徴

・菩提寺(所属寺)本堂の須弥壇を使用させていただくことにより、祭壇(荘厳壇)料金がなく、経済的に尚且つ格調高く葬儀を行えます。

・寺院の本堂内や境内は、元々荘厳に飾られているので、過剰な設営も必要なく、無駄も省けます。

・セレモニーホールにはない、厳粛な雰囲気で葬儀を行えます。

・ご本尊様、ご先祖様に見守られながら故人様をおみおくりすることができます。

・寺院は葬儀を行う本来の場所であり、お葬式の自然なかたちともいえます。

 

少人数葬(家族葬)の特徴

・少人数の場合、大きな会場が必要なく、自宅でも行うことができます。

・近親者のみで行うことにより弔問客に気を使うことが少なくなり、落ち着いて故人様をおみおくりすることができます。

・形式にとらわれず日程や時間を設定しやすくなります。日程全般にかかる時間の短縮や葬儀費用を押さえる設定にすることも可能になります。

 

少人数葬(家族葬)を行うには、菩提寺(所属寺)住職や各関係者の方に事前に了承をいただくなど細心の配慮が必要です。

 

 

お葬式後に後悔しないために「」お葬式について考えてみてはいかがでしょうか。葬儀の事前相談は、葬儀社だけでなく菩提寺(所属寺)住職に相談することで、より納得・安心できます。

 

 

「お寺でおみおくり」という選択。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA