ごあいさつ

より多くの方たちに「お寺でのおみおくり」を。

荘厳な本堂で、御本尊さまにむかい手を合わせる 先立った、たいせつな家族を導師(宗教家)の読経のもと、偲ぶ。

ひと昔前、お寺でのお葬式は、わたくしたちの生活の中にありました。

そして、現在。 いつのまにか、会館やホールでのお葬式が一般的になっていき 本来、わたくしたちの生活の中にあったお寺でのお葬式は、少なくなっていきました。

わたくしたちは、その再興を目的に 賛同いただいた多くの寺院さんとともに「お寺でおみおくり」をスタートさせました。

それから6年。 おかげさまで、長野県を中心にして多くの方から選択されるようになり 家族のつながりをたいせつにされる方々に選択されています。

より、多くの方に「お寺でおみおくり」を。それが、これからを育むことだと考えています。

「お寺でおみおくり」 一般社団法人 日本寺葬協会 代表理事 小林 広和